プレマシー

No.164
stand.pngレア☆☆
名前プレマシー
型式DBA-CWFFW
メーカーマツダ
ボディタイプミニバン
コスト6
SDキャラクター・アニメーション
sd_stand.pngsd_run.png
※サイコロの画像※リーダースキルNAGARE
([ミニバン]の[馬力]を【1.2】倍)
スキル強制停車[1]
(タップした相手を1ターン休みにする)
車なご図鑑説明
私はマツダ プレマシー。SKYACTIV技術搭載の低床ミニバンね!
デザインコンセプト「流」を採用した、躍動感のあるデザインがスポーティーでかっこいいでしょう?うんうん!やっぱりねー♪
あとはー、やっぱりシートアレンジが自慢かな!シートを隠せばウォークスルーにもできるの。
忍法カラクリシートの術!なんちゃってね♪
レベルLV1LV50LV99
馬力2,2004,3566,512
技量1,3002,5743,848
忍耐2,5004,9507,400

台詞一覧(CV:戸田めぐみ)

入手私はマツダ プレマシー!多彩なシートアレンジとスポーティーな走りが得意かな!仲良くしてクレマシー!…なんちゃって
ホーム画面1おーい!監督さん!今日も元気に走ろうねぇ♪
ホーム画面2いくわよー 忍法カラクリシートの術!からのー…ウォークスルー!
ホーム画面3「NAGARE」に目をつけるだなんて「流石」私と思わない?「流」だけに!
ホーム画面4SKYACTIV技術のおかげで、私だって低燃費に暮らせるんだから!ダ、ダイエットなんてしてないわ、ダイエットなんて!
ホーム画面5ミニバンだからこその包容力っていうのかな?なんか頼りにされちゃうのよね、私。おっ じゃあ監督さんも私の胸に、飛び込んでもいいのよ?なんでも受け止めてあげるわ!
ホーム画面6なによー。 別に良いじゃない、わたしだってたまに甘えたって…
ホーム画面7おかえりなさい監督さん!疲れたでしょ?疲れたわよね!?ということは、ご飯でもおふろでもなくアタシよね!?
ガチャどれどれ~?かわいい子がくるかな~?
レースしゅっぱーつ!
サイコロ決定それっ!
スキル発動いっけー!
加速マスそりゃー!
Uターンマス戻っちゃうよ~!
カーブマス
止まれマス忍法で回避〜!…できないよねぇ
チャージマスごほうびだー!
もう一度マス
スコアマスえらいえらい!
アイテムマスアイテムゲーット!
勝利わーお、やったね監督さん!
敗北うわぁぁ〜ん!負けた時くらい優しくしてよ〜!

ゲームにおいて

  • 2016年2月18日の定期メンテナンスの際に追加された。
    • フレンドガチャで入手可能。
  • ステータスの数値・スキル・リーダースキルがビアンテと同じ。

実車に関する小ネタ等

  • 2010年7月に登場したスタイリッシュなミニバンの3代目。
    • マツダが2010年度に唯一投入した新型車がこのプレマシー。
    • こちらは2013年にマイナーチェンジしたモデル。
      • 高圧縮エンジンのスカイアクティブ-Gと新開発の6ATのスカイアクティブ・ドライブが搭載された。
    • 余談だが、先代は世界100ヶ国以上で販売されたという、国産ミニバンとしては珍しい実績を持つ。
  • 車名は英語で「史上」「至高」を意味する「SUPREMACY 」から。
    • OEMの日産・ラフェスタ ハイウェイスターに、
      同義のスペイン語が由来の「スプレモ」というグレードが存在した。
  • 自然界の水や風をモチーフにした「NAGARE(流)」のコンセプトを初採用。
    • コクピットまわりやシートなどのインテリアにも「NAGARE」を採用した。
    • 今回のコンセプトは「風」。インパクト・イノベーション・ハーモニーの3つでエレガントさを表現した。
    • このライン処理は結果的に優れた空力性能(Cd値0.30)を生み出した。
  • 機能面では先代で評判だった「6+ONE」パッケージを引き続き採用。
    • セカンドシートの座面から新たにシートを引き起こし7人乗りを可能にするというもの。
      • これがカラクリシートである。
    • もう一方のシート座面からはサイドテーブルが出し入れ可能。
  • ミニバンにも関わらず、マツダならではのリニアでスムーズな欧州風味の走行性能だった。
    • 当時のアテンザに似た安心感のあるコーナリング性能だったという。
    • ノアセレナのような背高系ミニバンよりも重心が低かったのもアドバンテージだった。
  • 2016年2月下旬、マツダはミニバン市場からの事実上の撤退を発表した。
    • 具体的にはプレマシーとビアンテで、発表当時はすでに公式HPにMPV?は掲載されていなかった。
    • 魂動デザイン・スカイアクティブ技術をミニバンで表現するのが困難だった、という説が濃厚。
    • 「今後はCX-5といったSUVに力を入れていく」とのこと。
    • プレマシーは、新世代マツダ車の走りの良さを予感させる発端となり、
      Zoom-ZoomコンセプトからSKYACTIV技術への橋渡しをした大切なクルマである。

実車に関するサイト情報

この車なごについてのコメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 姉妹車はラフェスタですか? -- 2016-02-22 (月) 08:25:09
  • うむ、公式にラインアップ収束を言い渡された(中国新聞報「ミニバン撤収」)娘なんだが。スカイアクティブDにも採用されなかったし。 -- 2016-02-22 (月) 21:05:11
    • となるとビアンテも…? -- LiLi? 2016-02-23 (火) 08:54:15
      • 去年の記事で確証も取れなかったんですが、「MPV」「プレマシー」「ビアンテ」の形ではやらないらしいです。SUVベースになるかどーか。 -- 2016-02-25 (木) 01:22:13
      • 「MPV」だと、「CX-9」に変わると思いますよ。 -- 2016-05-05 (木) 07:30:16
  • 「仲良くしてクレマシー? アハハ…… なんちゃって……」←かわいい -- 2016-04-12 (火) 09:41:05
お名前: