TOP > NSX の変更点

|CENTER:350|CENTER:70|CENTER:70|c
|>|>|~No.24|
|&ref(http://fsv-static.autoc-one.jp/syanago/wiki/character/024/stand.png,nolink);|~レア|☆☆☆☆☆|
|~|~名前|NSX|
|~|~型式|E-NA1|
|~|~メーカー|[[ホンダ>車なごメーカー別#honda]]|
|~|~ボディタイプ|クーペ|
|~|~コスト|12|
|~|>|~SDキャラクター・アニメーション|
|~|&ref(http://fsv-static.autoc-one.jp/syanago/wiki/character/024/3d_nsx.png,nolink);|&ref(http://fsv-static.autoc-one.jp/syanago/wiki/character/024/3d_nsx_run.png,nolink);|
|CENTER:175|CENTER:57|CENTER:83|c
|&ref(http://i.imgur.com/huyKhtk.png,nolink);|~リーダースキル|従順な達士(ステータスの馬力と忍耐が1.3倍になる)|
|~|~スキル|プラスダイス【4】2ターンの間、出目に+4する|
|>|>|~車なご図鑑説明|
|>|>|LEFT:当時の流行の最先端を走ったのが、私。ホンダNSXよ。&br;本名はNSXE-NA1。貴方には教えてあげるわ。覚えておいて。&br;軽量化にこだわったフルアルミボディが自慢ね。手作業でしか作れない特注品なの。&br;国産のスーパーカーとしてGT選手権に参加。3回もチャンピオンになったわ!ま、当然ね。&br;|


|CENTER:60|CENTER:60|CENTER:60|CENTER:70|c
|レベル|~LV1|~LV50|~LV99|
|~馬力|5,500|10,890|16,280|
|~技量|3,700|7,326|10,952|
|~忍耐|4,900|9,702|14,504|


#fold{{{
''台詞一覧(CV:生田善子)''
|CENTER:70|CENTER:300|c
|ドロップおよび覚醒|当時の流行の最先端を走ったのが、私。ホンダNSXよ。本名はNSXE-NA1。貴方には教えてあげるわ、覚えておいて。|
|入手|当時の流行の最先端を走ったのが、私。ホンダNSXよ。本名はNSXE-NA1。貴方には教えてあげるわ、覚えておいて。|
|ホーム画面1|あら、初めまして監督さん。あんまりダサい格好をしていると、出て行くから気をつけてね?|
|ホーム画面2|私には大和撫子としての誇りがあるの。海外のじゃじゃ馬なんかには負けない。ついてらっしゃい!|
|ホーム画面3|流行の最先端を走った私を手に入れたこと、誇りに思いなさいね。|
|ホーム画面4|ちょっと! 誰?このダサいガレージをデザインしたの!ナンセンスすぎるわ!|
|ホーム画面5|私を口説くつもりなの? ふふっ。ずいぶんハイセンスなこと言うじゃない?期待してるわ。|
|ホーム画面6|貴方がいない間、退屈だったからひとっ走りしてきたわ。次からはもっと速く来なさいね、いいこと?|
|ホーム画面7|すっかり貴方のものになってしまったわね。心も…身体も…。ふつつか者ですが、末永くよろしくお願いしますわ。|
|ガチャ|オーッホッホッホ!私に勝てる娘が、来ればいいけど。|
|レース開始時|ぼさっとしてないで、行くわよ!|
|サイコロ決定|そぉれっ!|
|スキル発動|私の3歩後ろを歩きなさい。|
|加速マス|ここで踏み込むのよ。|
|Uターンマス|Uって美しい形よね…|
|カーブマス|足を引っ張らないで!|
|止まれマス|少し疲れたわね。|
|チャージマス|もっと…頂戴?|
|もう一度マス|今度は…あなたが振って…|
|スコアマス|他人の評価なんていらないわ。|
|アイテムマス|姑息な手は使いたくないわ。|
|勝利|当然ね、やる前から分かってたわ。|
|敗北|後で…、お仕置きされちゃうのかしら…。|
}}}

*ゲームにおいて [#ofcb1fc7]
-プレミアムガチャ、フレンドガチャにて入手可能。四国地方の徳島県でボスドロップも狙える。
-''別のキャラとして扱われているため[[NSX タイプR]]へ覚醒できないので注意。''

*実車に関する小ネタ等 [#x4d58152]
***NSX(E-NA1) [#mab4bc6d]
-車名は「''N''ew ''S''portsCar ''X''」が由来。このXは、未知数のXを表している。バブル景気の1990年にデビュー。
-開発には、市販車として唯一あの元レーシングドライバー、アイルトン・セナが関わっている。
--セナは開発テストの中で剛性不足を指摘。それを受けてホンダが車体に取り付けた補強バーは通称「セナバー」と呼ばれている。
-販売価格は当時国産車最高額の800万円。しかしバブル景気が影響して3年先まで予約が埋まってしまうという事態に。ホンダはこれを北米向けブランド「アキュラ」で販売していたNSXを輸入することで対策した。
-市販車で世界初の「オールアルミモノコックボディ」。ほとんど手作りで、1.3トンと大きさのわりに非常に軽い。
-誰でも簡単に扱える高性能なクルマとして開発された。ハイパワーで暴れ回るクルマを窮屈な運転席で押さえ込みながら走るスポーツカーばかりだった当時は、快適な装備・快適な視界・扱いやすいエンジンのスポーツカーは珍しく、世界に衝撃を与えた。フェラーリF355やマクラーレンF1がNSXに影響を受けて開発されたと言われている。
--特にマクラーレンF1に関しては、鬼才と言われたマクラーレンのチーフ開発者、ゴードン・マーレイが実際にNSXを購入し、毎日乗り回しながらNSXの良い所を探し「少しでもNSXに近づけられるように」と、マクラーレンF1の開発をしたと言われる。さらに、NSXの良さを知ったゴードンはマクラーレンF1に搭載するエンジンの開発を何度もホンダに依頼したが、バブルが崩壊した中でホンダにそのような余力は無く、丁寧に断られたという。その後、マクラーレンF1のエンジンはBMW製の物に落ち着いている。
--一方のフェラーリF355は、フェラーリ328を目標として開発されたNSXを、今度は逆にフェラーリ側がNSXを目標に開発したものであり、かなり露骨に意識した作りになっているという。30年以上のキャリアを誇る自動車ライター、ジョン・ラム氏曰く、「'''フェラーリがNSXに対する答えとして世に送ったF355に乗ったとき、このクルマをここまで変えさせたのはNSX以外の何ものでもないと強く感じた。NSXの存在なしに、フェラーリがここまで洗練かつ文明的になることは、多分無理だったに違いない。'''」。
-グレードは屋根がオープンになる「タイプT」、究極のスポーツグレードの「タイプR」がある。中期型からはMT仕様のスポーツグレード「タイプS」、それをベースに軽量化した「タイプS-Zero」の設定が加わる。

*実車に関するサイト情報 [#y24a650b]
-公式:http://www.honda.co.jp/auto-archive/nsx/2001/
-オートックワン【カタログ】:http://autoc-one.jp/honda/nsx/
-オートックワン【記事】:http://autoc-one.jp/honda/nsx/article/

*この車なごについてのコメント [#qc99c967]


#pcomment(./コメント4,reply,15)